【幼児との遊び方に困ってる?】お金も手間もかからない!最強の遊びを発明するコツ

スポンサーリンク

子供と遊んであげたいけど、遊び方がわからなくて困ってる、市販のゲームやおもちゃを一緒にやっててもつまらない・・・

こんな悩みを抱えていた僕けーけー(@comocci)ですが、ある事を実践するようになって、子供と遊ぶのが楽しくなりました。

そのある事とはたったひとつ。

「遊びを発明してみる」ということ!

ゼロから遊びを発明すると大人自身がワクワクします。

大人がワクワクしていると、それが子供にも伝わってたくさん笑ってくれるんですよね。

でも・・・「”遊びを発明”って言われてもアイデアが浮かばないし、材料とか揃えるのが面倒」と感じると思います。

今回は
5歳児と毎週遊び倒して超懐かれてる36歳児の僕が実践している、「”最強の遊び”を発明する3つのルール」を公開します。

この記事は4-5歳くらいの男の子を想定していますが、基本的な考え方は女の子にも通用すると思います。

スポンサーリンク

遊びを発明するための3つのルール

  1. 子供の疑問や興味を利用する
  2. 身の回りの”ありもの”を使う
  3. 数字/文字/絵柄を取り入れ、必ず勝ち負けをつける