【随時更新】買って良かったものリスト

スポンサーリンク

父親の育児・家事を楽しくしたい!けーけーです。

これまでの人生で心から「買って良かった」

と感じたものをご紹介しています。

では、いってみましょ〜♪

ハケで窓サッシを掃除

【簡単】窓サッシのレール掃除を”ハケシュッシュ”でやる理由【5分】

2018年6月15日
スポンサーリンク

買って良かったものリスト

マキタのハンディ掃除機

色々機種がありますが、↑が一番コスパ良し

気になってる方も多いアイテムだと思いますけど、コストパフォーマンスの面で大変有益な買い物です。

軽い、安い、デザインがいい。この3つがバランス良すぎ。

バッテリーの持ち、吸引力の面では、ファミリー層のメイン掃除機としてはパワーに欠けますが、この掃除機にそれだけを求めてはいけません。

すぐに取り出せて、すぐに終わらせる。

つまり、「あーめんどい」の前に掃除する行動力を自動アシストしてくれる。これが最大のメリットだと思いますね。

もちろん、吸引力は普通に充分です。

特に子育て世帯は、軽いので子供にやらせるのもアリ。

Amazonオリジナルのウェットワイパーシート

とにかくが多い!

ジュクジュクに濡れて、床をしっかりと拭き上げてくれる。

両面使えちゃうので、我が家の12畳LDKは1枚で楽勝に拭けてます。

ホームセンターで1パック100円のシートを買って、掃除した気になってた過去は無駄でした。

フローリングのさっぱり感が劇的に変わります。値段も手頃なので、使わない理由が見当たらない。

ウタマロクリーナー

キッチン周りと、洗面台の水アカにリピート使用中。

何とも言えないいい香りと、手肌への優しさ、それでいて洗浄力は明らかに高い。

床に使う事だけは微妙なので、定番のマイペットと合わせ技で使ってます。

どう使い分けるかは↓

ウタマロクリーナーの実力

【レビュー】ウタマロクリーナーの実力【マイペットと比較】

2018年10月14日

貼るタイプの排水口シート

やろうやろうと思って、絶対やり逃すお掃除ランキングぶっちぎりナンバーワンの排水口。

髪の毛とかその他の魑魅魍魎が詰まってる排水口を見る度に、自分のダメさを見せつけられてるようで…

このタイプにしてから、そんな自分とはオサラバです。

けーけー
貼って剥がす。貼って剥がす。剥がして、貼る。これだけでっせ!旦那!
カミサン
うるせーなー

KOKUYOのひっつき虫

粘土状の固形物をこねて、画鋲の代わりにピンナップを壁に留めたり、置物の滑り止めにも利用できるアイテム。

家の中のちょっと固定しておきたい系の諸々に、オールマイティに使える稀代の発明品。

小さくちぎって複数箇所を止めれば、結構な重量のフォトフレームも壁に貼り付けられます。

ピン穴が開かない、というのもメリットですが、最大のメリットは繰り返し使えるその耐久性

貼り付けて暫く月日が経ち、少し固くなっても、手でコネコネすれば機能が復活します。

今手元にあるひっつき虫なんて、もう3年くらい繰り返し使ってるんじゃないかしら?

スポンサーリンク

ミルボン ディーセス エルジューダMO

僕は男ですが髪の毛のケアにはまあまあこだわってます。親父がハゲてきた過程を心眼に焼き付けてますから。

そんな僕が自信を持ってオススメしたいヘアトリートメントがこちらです。

うちは夫婦で兼用しており、約4ヶ月に一度買い換えるペース。

僕はリンスを使わずこれだけで済ませているので、経済的な負担は感じません。

このアイテムの良いところは、匂いと伸びの良さ、そしてベトつかずさらっと仕上がる質感。

アマゾンのレビューも高評価ですが、これほんとウソじゃなくて万人にフィットするヘアトリートメントだと思います。

風呂上がり→タオルドライ→これを塗る→ドライヤー

このルーティンで、翌日のヘアセットも30秒で終わるし、電車に乗り遅れそうなって走ったあとでも、ちょちょっとイジれば乱れが直せます。

自分の髪の毛をずっと触っていたい。と、37年間生きていておじさん初めて思ったヨ。

※しっとりタイプのMOと、さらっとタイプのFOがありますが、僕はMOを愛用

オドレミン

ワキ汗の対策アイテム。これは最強です。

はずかしながら、僕はワキ汗がスゴいタイプで、コンディションによってはポタポタと滴り落ちるレベル。

仕事でシャツを着ることが多いため、ワキのシミを見られたくない一心で、いろんな制汗剤を試しました。

しかし僕レベルになると、普通に薬局に売ってる制汗剤(ボール状のやつをグリグリ塗りつけるやつとか・・・)って効かないんですよね。

そんな僕が最後にたどり着いたのが、この「オドレミン」です。

初めて使った時はほんとに感動するレベルでワキ汗が止まります。

ただし効果をしっかり出すためには、使い方に少々コツが要ります。

オドレミンの使い方のコツ
  1. お風呂上がりにワキを良く拭く
  2. オドレミンを少しづつ手につけて2,3回に分けて塗る
  3. ドライヤーでワキを乾かす

ポイントは、出かける前に塗るのではなく、お風呂上がりに塗っておくことです。

この方がしっかりと定着して、汗をストップする効果が高いと感じてます。

②の前に、同じ製造元が出してる「オードムーゲ」を塗っとくと、さらに消臭効果もあって良いですよ。

けーけー
現場からは以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です